*

PLATZ 三菱 F-1 1/144

公開日: : 最終更新日:2024/01/18 模型完成品

僕と三菱F-1の関係は非常に複雑だ。

確か小学校3年くらいの頃だったが、Acecombatシリーズに登場する戦闘機が全て実在する事と、そのほとんどがアメリカ製であることを知り、日本の戦闘機が登場していない事も同時に知った。
で、母親に日本製の戦闘機は存在しないのか聞いたところF-1なるものの存在を知った。
後から手に入れたサイドワインダー2で初めてそこでその御姿を拝むことになるのだが、当時そこまで好きでなかった第3世代のいかにもなデザインと最序盤に使うことになる弱小機なのが子供心に残念に思っていた。

とはいえ、わが国の航空産業史を語るうえで欠かせない存在なのは間違いない。
正式採用に至るまでに様々な辛苦があったのはよく伝わってくる。

使用キットは最近出たばかりのPLATZのF-1 1/144。
第8飛行隊後期仕様。

第三世代によくある高翼設計。練習機のT-2がベースになっているので外観はそれによく似ている。

最近になって価値観が変わってきて第三世代もそれなりに好きになってきた。
恐らく国産というネームバリューでこの機体が一番好きなのかもしれない。
後継機のF-2も一応国産機であるが、F-16をベースにした国際共同開発である。
その後継機も海外ライセンスもしくは共同開発になる可能性が高いらしい。
よって「純」が付く国産戦闘機はF-1が最初で最後になるだろう。


Fが付いているが、対戦闘機戦は苦手にしており、海から近づく敵艦と浜辺に上陸し始めた敵を殲滅するためのアタッカーである。
米軍機の命名規則にのっとったらA-1と名乗る方が正しい。
とはいえ、先鋭的なものにFを付けるのはその米軍にもありがちな話である。
ファイターの定義がどこにあるかとかっていう話にもなりそうだが。

サイドワインダー2で初めて見たときのバックビューは非常にF-4に似ていると思っていた。(下向きになっている尾翼を見てだが。)
外観的な特徴はジャギュアのほうに近いのだが、その斜め向きの尾翼もそうだが、スプリッターベーンなど影響を受けたと思われる部分もある。

この間浜松の旅行行ってきたときにエアパークに展示されている第三飛行隊の225番機を実際に見た。
今回のキットは第8飛行隊。ブラックパンサーのパーソナルマークが特徴。
当たり前だが現在ではF-2に全て交代している。

三菱の国産機軍団。
F-1がロールアウトした際には零戦になぞらえて「ゼロから1へ」というコピーと
F-2がロールアウトした際にも同様に零戦が引き合いに出されたということらしい。
戦闘用の飛行機は今のところ三菱しか製造していないところ。かつては三菱としのぎを削った中島と川西はGHQによって解体されて無くなってしまってから競争相手が居なくなったといったところだろう。(一応名乗りを上げている企業はあるらしいがほとんどが撤退しているらしい。)
敗戦国のサガだろうが、子供時代思っていた国産機がゲーム作品に出ないという点でもいささか悲しいところだ。

キットそのものは元々がスナップフィットキットなので非常に組み立てやすいキットであったが、
インテーク辺りにエグい段差があったのでその線消しに苦労した。

PLATZがこのスケールのキットを大量に出しているので今後に期待できるメーカーであるというのは繰り返し言っている事。
これからも頑張ってもらいたい。

 

………………レシプロなんか出してないでさ。

関連記事

童友社 世界の潜水艦シリーズ シーウルフ 1/700

沈黙の艦隊を読んでたのと、蒼海のヴァルキュリアっていうエロゲーをプレイしていて潜水艦に興味を

記事を読む

FUJIMI P-38ライトニング 1/144

FUJIMIというと完成度にヒッディヨーに当たりハズレの大きいメーカーだが、今回はあたりだと

記事を読む

旧LS キ43 隼 1/144 コトブキ飛行隊 キリエモデル

冬アニメとして放映していた荒野のコトブキ飛行隊。空物スキーな自分にとっては結構ストライクな

記事を読む

ピットロード PAKFA 1/144

このキットは最近リベンジしました。 ロシア軍の最新鋭ステルス戦闘機。正確にはまだだけど。 P

記事を読む

PITLOAD Su-57 1/144

PITLOADのPAKFA改めSu-57。NATOコードがどうなるのかが気になって夜も眠れない。

記事を読む

ハセガワ模型 Su-33 フランカーD スカーフェイス1 1/72

GWにあったTWITTER企画に参加した際に製作。1年近く放置したキットだったが、GWだか

記事を読む

TAMIYA 紫電11型 1/72 カナリア自警団 アコモデル

<<あなたの心に手錠をかけます!>>スマホアプリの荒野のコトブキ飛行隊より。ゲ

記事を読む

Trumpeter Lockheed martin F-22 Raptor 1/144

僕の人生は8割がジェット戦闘機と密接にかかわっており、そのジェット戦闘機の中で最も好きな戦闘

記事を読む

ファインモールドマガジンキット キ43 隼1型

荒野のコトブキ飛行隊において一番センスを感じたのは主役機に零戦を据えずに隼をチョイスする辺

記事を読む

旧LS F-4EJ ファントムII 1/144

先月姉に自衛隊音楽祭に連れて行ってもらった。 小さいころは色々とコンサートに連れていかれた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

閃刀入門

チラ裏に近い記事は書かない・書いていても公開しないつもりだっ

MD魔術師S23レポ

前回の記事を書いた時からデビューしたマスターデュエル。ただ、

マスターデュエルにてやっとプラチナに上がれた話

ネットの友人にモチベを掛けられてマスターデュエル参入。リンク

太陽の帝国、大鷲の群れに挑まんとす(ゲームジャーナル39号 真珠湾強襲リプレイpart:1)

初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年と

ダンジョンダイスモンスターズ レビュー

「クソゲーをプレイするのです。」以前この俺にクソゲーをレビュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑