*

144TANK PLZ-05 1/144

公開日: : 最終更新日:2024/01/18 模型完成品

Twitter界隈で少し有名な中国のディーラーの144TANKさん。

フォローされたときに存在を知ったのだが、その前後からタイムラインにフォローしている人の完成写真が大量に流れ始めたので興味を持ったので注文してみた。
ビビったのはその価格。なんと1000円ちょっと。インジェクションキットとして考えれば若干割高ではあるが、レジンキットであることを考えたら非常に安価だ。

今回のキットは中国軍の155mm自走砲。
一昔前の日本では人民解放軍は「中国軍www」みたいな言われ方をしていたが、もはや今や昔。運用装備の国産化が進んでおり、その国産化された兵器の性能も世代相応のものとなっている為、殲撃10型などとともに人民解放軍の近代化を象徴する兵器となっている。

ザ自走砲といった外観。横から見ると特にそう思う。
塗装指示図が入っていた筈なのだが、どっか行ってしまい、写真を見ながら想像を交えながら塗装した。

後ろからのディテールもまた素晴らしい。
一番驚くのは砲塔後方のこの細かい造形を一体成形で作っている事。
別パーツになっているのは稼働する砲身、機関銃、ハッチのみで後は 一体だ。

ほぼ同じ時期に3Dプリンタの印刷物を買っているのだが、そちらが現在進行形で波打った表面を均したり溝を埋めるのにパテを盛りまくっているのに対してこちらはそういった工作を一切行っていない。
レジン製でここまで組み立てやすいのは値段以上に驚きであり、3Dプリンタ製であることを疑う出来だ。

こんな感じに部品が繋がっている。切り離しが少し面倒だった。
(写真は同ディーラー製の別商品)

これぞザ自走砲(その2)。長い砲身を天高く構える姿は戦車とはまた違った迫力がある。

こうしてみるとやっぱり自走砲といった感じだ。
自動装填装置が取り付けられており、 この長い砲身から毎分3~4発のりゅう弾砲を打ち出すそうだ。

最近自分の写真の撮り方が下手になってきている。
いや、元からといえば元からだけども。
手前のピントが合ってて奥のピントが合ってないという事が結構あることに気付いた。
気を付けてたつもりだが、実際撮ってみるとやっぱり難しい。

殲撃20型と。この殲撃20型は元々第5世代戦闘機にしては大型であり、更にこのキットは実寸よりも少し大きいのだが、それと全長があまり変わらないところを見ると自走砲のというか、このPLZ-05の全長の長さをうかがい知れる。

横から見るとこんな感じ。

元々入っていた入れ物が完成品を入れるのにちょうどいい大きさとなっている。
氏のツイートを見ていると意図的にそうしている節もあり、気遣いを感じる。
キットは何度も触れている通り3Dプリンタの印刷物であることを疑う出来。
一つだけ苦言を呈するならデカールが一枚物になっていて一つ一つ切り離さなければならない事だが、元が小さいので大した苦痛にはならない。
ランナーからの部品切り離しの難しさや、海外からの直接購入しなければならないという事で敷居は決して低くはないものの、レジンキット作成の入門としては最適だ。

こちらのディーラーさんはかなりの頻度で新製品を発表しており、本国の中国、僕が住んでる日本以外にも市場があるらしく、かなり規模が大きい事をうかがわせる。
是非日本で代理店を見つけて店頭購入が可能なくらいになっていただきたいところ。
今後の発展に期待できるディーラーだ。

関連記事

Revell F-15E Strike Eagle Garuda1 1/144

<<It's time for me to dance with the angels

記事を読む

ハセガワ F-15C Eagle Garm1仕様機

サイファー仕様のF-15Cを作成。ハセガワ製のエースコンバットシリーズキットは大抵再販しな

記事を読む

eduard スピットファイアMk.IXe

eduardの1/144キット。 そのスピットファイア。 DUALCOMBOというこ

記事を読む

TAMIYA 零戦21型 タミル仕様機

荒野のコトブキ飛行隊より、エンマの友人タミルの零戦。本編では背景として手書き画としてその姿

記事を読む

Trumpeter F-22 Trigger 1/144

<<トリガーについていけば生き残れる!>> エースコンバット7を少し前に

記事を読む

1/72 カナリア自警団仕様 紫電

ゲーム中スクリーンショットより 3ヶ月前に作った紫電がTwitterで意外な反応を集めた。元

記事を読む

トランぺッター F-14A Tomcat 1/144

もはや生きた化石になりつつあるトムキャット先輩。 部分的に現在のF/A-18Eに優る部分が

記事を読む

PitLoad Euro FIghter EF-2000 Typhoon 1/144

F-Xが決まってからもう7年近くになる。 次代F-Xの候補として濃厚だったのはF-35とこ

記事を読む

Sweet Bf109 マルセイユ大尉 1/144

あけましておめでとうございます。 今年こそはG-AFのリニューアルをやるやる詐欺をしないでちゃんと

記事を読む

Special Hobby 隼3型

チェコ共和国より来日していたキット。今までありそうでなかった1/72の隼3型。スペシャルホ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

MD魔術師S23レポ

前回の記事を書いた時からデビューしたマスターデュエル。ただ、

マスターデュエルにてやっとプラチナに上がれた話

ネットの友人にモチベを掛けられてマスターデュエル参入。リンク

太陽の帝国、大鷲の群れに挑まんとす(ゲームジャーナル39号 真珠湾強襲リプレイpart:1)

初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年と

ダンジョンダイスモンスターズ レビュー

「クソゲーをプレイするのです。」以前この俺にクソゲーをレビュ

現行Concrete cmsのダッシュボードにデフォルトでは日本語化設定がないよっていう話

急速に時間が出来てきたので前回のお蔵入りから久しぶりにconcret

→もっと見る

Battle Reportをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

PAGE TOP ↑