*

東京マルイ ハイキャパE レビュー

公開日: : 最終更新日:2024/01/18 エアガン

DSC_0248

冬場にガスガンがなかなか使えず、困っていた所に12月に発売。マルイもいいタイミングで出してくれるよ。
本当は発売日に購入する予定だったのだが、余計な買い物をしたせいで実際の購入は1月の給料日まで待つ事になった。
15日の給料日当日に購入したので、実際に買ったのは大分前なのだが、100連マガジンを買うまでレビューを控えていた。
で、この間のサバゲーで件のロングマガジンを入手したので一気にレビューする事に。

DSC_0268

箱はこんな感じ。イメージ写真の意味が分からないが、格好悪いかと言うとそんな事は無く。
電動ハンドガンの箱はスケルトンの内部メカが主だったので、今回は違う路線を攻めている所はマルイなりの路線変更なのだろうか。

 

DSC_0250

スライドストップはダミー。トリガー独特の肉抜き形状で格好良い。
トリガープルは重くはないが、ストロークが長い。普通に考えるようなシングルアクションではないので当たり前と言えば当たり前かもしれない。

DSC_0253

グリップセイフティはグリップと違う素材で出来ており、硬いがダミーとなっており、動かない。
そのため、セイフティはサムセイフティのみとなる。

DSC_0254DSC_0255

サムセイフティは若干硬いが、片手でも操作できる。
セミ、フルオートの切り替えはハンマーの上げ下げで行う。
左のフルコック状態でセミオート、右のハンマーダウン状態でフルオートとなる。
このハンマーの操作自体は片手でも行えるが、押し込みながら上げ下げを行うので、出来れば両手を使って操作したい。

DSC_0252

シャーシ上にはレールが設けられており、20mmのオプションに対応している。
僕は持っていないがCQフラッシュに対応している。
友人が持っていたので取り付けてみたが、かなり硬かった。どちらに問題があるのかは解らない。

DSC_0249

45口径を打ち出す迫力のマズルデザイン。
スプリングガイドは塗装なので動かない。溝が浅いので少し玩具みたいな感覚。
気になる人は墨入れしておいた方が良いだろう。

DSC_0256

フロントサイトにはホワイトのダットが入っている。

DSC_0257

後ろにはダットが付いていないが、視認性は広く、狙いやすい。

DSC_0258

スライド後ろのボタンを押せばスライドを外す事が出来る。
スライドを外すのに特別な工具も必要なく、楽で良い。

DSC_0259

スライドを外すとこの通り。バレルがラッパ状になっているのはおそらく45口径の銃口を再現する為だろう。
特に狙ってやっている訳ではなさそうだ。

DSC_0260

バッテリーはマイクロバッテリー。このように差し込んで使う。
この辺りも手軽で良い。

DSC_0261

反対側にバッテリーのリリースレバーがあり、コレを下げればバッテリーが取り出せる。
バッテリーの挿入と取り外しは同じ電動ガンのAK47に比べると楽だと感じた。

DSC_0262

ホップアップはこのバレル後端に取り付けられたダイヤルで行う。
カチ、カチとグリップ感があり、調整しやすくて評価できる。
だが、スライドを戻すと何かがこのダイヤルに引っかかって微妙にずれてしまう。スライドを戻すときには慎重に戻すか、少し大味に調整した方が良いだろう。

DSC_0264

本体と同時発売しなかったロングマガジン。100発を息継ぎせずに撃つ事が出来るので非常に頼もしい。
コレがあればメインアームとしても使って行けそうだ。

DSC_0265

実際の見てくれもかなり威圧的。サバゲーで使った時も余裕を覚える程だ。
ノーマルマガジンよりも挿入しやすいので最低でも一つは持っておきたい。

B77XaXPIEAIiHHI

スライドに取り付けるマウントや電動ハンドガン共用のサプレッサーも発売されている。
マウントは20mm規格なので対応するダットサイト等が取り付けられる。
サバゲーに行った際にマウントを持っている人が居たのでスコープを取り付けさせてもらったが、あまり似合わない。その場にいた人曰くP90にやったらいけないチューンを一通りやった感じとの事だった。

DSC_0266

ガバメントと比較してみる。ハイキャパシリーズはガバメントのカスタムと言う事らしいが、似ていないと思ったのは俺だけではない筈。
しかし、ハイキャパのモデルとなっている銃はSTiのカスタムガバメントと言う事らしく、非現実感は無い。
実際STiのエッジと言うモデルにかなり似ているが、やはり好みが分かれそうなデザインではあると思う。

ここまではあえて触れなかったが、メカボックスが内蔵されているせいでグリップが縦にも横にも太い。
同じ電動ハンドガンのグロッグ18Cはもう少しコンパクトに出来ているだけに残念。
特に前方向にグリップが太いのはマイナス点で、指が短い人に取っては辛いのではないだろうか。
マック堺氏が自身の動画で「角材を握っているような感覚」と表現していたが、的を得た意見だと思う。その点は僕も氏に同意だ。

チェッカリングが角にも設けられているのでグローブ無しだとコレが刺さって痛い。
グローブ無しでサバゲーをする人は居ないとは思うが、どこかが出すカスタムグリップを待つか角を削り落とす等の加工をしたほうが良いかと思われる。

DSC_0267

実際バッテリータイプの電動ハンドガンを買ったのは初めてなのだが、サバゲーに行く時、ガスを持って行く必要がなく、
マガジンもフルサイズでないので、荷物に余裕を持ってフィールドインできた。
バッテリーもマガジンもコンパクトで手軽に出し入れが出来るので楽で良い。
弾速もガスハンドガンに劣らず、ホップも素直に掛かるので思った通りの弾道を描いて弾が飛ぶ。
なによりこれ一丁でオールシーズンで使えるのは非常にありがたい。

電動ハンドガンと言う事で持った感じも見た目も軽くて安っぽいんだろうなあと思っていた。
しかし、実際に見てみるとパーティングラインはしっかり処理されており、ガスハンドガン並みの重量があって安っぽさが無く、飾って楽しむのにも十分なディテールだと思った。

ハンドガンはガスガンに慣れていたので、撃った時にブローバックさえしないのは物足りなさを感じるのは仕方がない。
その辺はガスガンに任せてゲームユースだけを考えるのであればこれ以上とない銃といえる。

関連記事

東京マルイ 電動ブローバック PC356 レビュー

超が付くマイナーガンのPC356。 実際はM3566と言うらしく、PCと言うのがパフォーマ

記事を読む

東京マルイ VSR-10 レビュー

友人がスナイパーを始めろとか言う。まあ面白そうだなとは思っていたが、銃とスコープフルセットで

記事を読む

俺とガバメント

銃の造詣自体は全くない俺。年代別に知ってる銃を並べてみろって言われたら種子島の次にもうウィン

記事を読む

セリア M317 レビュー

既に色々な人がレビューしてる100円ショップセリアのストライクガン。 ストライクガンっての

記事を読む

東京マルイ AK47を俺好みにカスタムしたぞ

電動ガンを買う時に友達とやり取りした内容がこんな感じ。 「せっかく高い電動買うんだから長持ちす

記事を読む

東京マルイ M92F レビュー

姉が来週の土曜日誕生日なのだが、最近会社の上司に付き合ってサバゲをやるとの事だった。 小さ

記事を読む

KSC M945 レビュー

当てつけに有休を取って作った連休の二日目。先日友人と会ってM16を探し、エアガンショップでC

記事を読む

KSC Cz75 2ndモデルHW レビュー

褐色娘ってなんか否定的な側だったんだけど適度に小麦色ならアリだと思うようになってきた。 エ

記事を読む

東京マルイ MEUピストル レビュー

友人とサバゲーをやるにあたってガスガンを買った。初ガスガンはサムライエッジだったのだが、一度

記事を読む

マルゼン CA870 レビュー

マルゼンがリリースするエアコッキングのショットガン。 レミントンM870がモデルになってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

閃刀入門

チラ裏に近い記事は書かない・書いていても公開しないつもりだっ

MD魔術師S23レポ

前回の記事を書いた時からデビューしたマスターデュエル。ただ、

マスターデュエルにてやっとプラチナに上がれた話

ネットの友人にモチベを掛けられてマスターデュエル参入。リンク

太陽の帝国、大鷲の群れに挑まんとす(ゲームジャーナル39号 真珠湾強襲リプレイpart:1)

初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年と

ダンジョンダイスモンスターズ レビュー

「クソゲーをプレイするのです。」以前この俺にクソゲーをレビュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑