*

銀河眼デッキにリンク搭載した。

公開日: : 最終更新日:2024/01/18 分類してもしょうがないもん

2019/3/10再編集

ZEXAL期中盤~ARC-V全期に渡って使用していたデッキ。
初手の遅さに苦しめられており、新マスタールール施行でオーバーキル状態だったが、
SOUL FUSIONで登場した新規カードの登場で初手の遅さはかなり改善された。その新規カード同士で強烈なシナジーがあり、「フォトン」モンスターが「フォトン」、「ギャラクシー」両方をカバーするので銀河眼に特化すると用途が無かったフォトンとの連携が出来たことはファンデッキ使い的にも美味しい。
でも、この時出来たカードってソルフレア以外はArk-Vでカイトが再登場した段階で出すべきだったよね。
なんだよサイファーって。

銀河眼の光子竜2
銀河騎士2
サイバードラゴン3
銀河戦士3
フォトンアドバンサー2
フォトンバニッシャー3
フォトンオービタル3
フォトンスラッシャー3
銀河の魔術師3
幽鬼うさぎ2
サイバードラゴンコア2
銀河眼の雲篭
エフェクト・ヴェーラー2
ハーピィの羽箒
サイバーリペアプラント
銀河天翔2
ギャラクシーサイクロン2
フォトンサンクチュアリ3

EX
銀河眼の光波刃竜
ギャラクシーアイズFAフォトンドラゴン
銀河眼の光波竜
No.62銀河眼の光子竜皇
No.90銀河眼の光子卿
サイバードラゴンインフィニティ
サイバードラゴンノヴァ
輝光竜フォトンブラストドラゴン
キメラテックメガフリートドラゴン
トロイメアグリフォン
スリーバーストショットドラゴン
混沌の戦士カオスソルジャー
剛炎の剣士
銀河眼の煌星竜2

EXデッキは迷走中。
サイファードラゴンのために縛りの緩いリンクモンスターを入れまくったが、
果たして回るのか。特にグリフォンなんか要らない気がする。

要らないと思ってるのは
プレアデス
→インフィニティ。。。

銀河天翔
→墓地という前提があるものの1枚でカードを展開できるので除去を食らった後のリカバリに良いのだが、それ以外の場面ではオーバーキル気味で使いづらい。

幽鬼うさぎ
→手札消費が荒いからアド差を確実に埋めるってところに着目したが、相手を妨害出来る出来ないは相手によるところがあるので確実に止められるうららの方が良い気がしてきてる。

サイバードラゴンに寄せているおかげで純構築に比べて安定性は確保出来ていると思っている。
また、ソウルフュージョンで登場したソルフレアと新規フォトン2種の登場で荒い手札消費は一定程度改善されており、Ark-V期までと比べるとかなり使いやすいデッキになっていると思う。

しかしワンキルが狙えるような構成にはなってないので返されると死ぬ可能性もある。
かといってメタビート気味に組んだら回らないのはサイバードラゴンを抜いて巨神竜に寄せたときに大体察したので今の構築に落ち着いている。
あと、初手を潰されると死ぬのも相変わらず。
その辺がガチデッキになりきれない理由だろうね。
初手の銀河戦士にヴェーラーorうららor増Gを打たれると死ぬ。特に増Gは相手のデッキにもよるが致死レベルのカード。

立ち回り

リンク召喚、特にソルフレアの登場で初手の遅さがかなり改善された。
しかしまあ手札消費の激しさは相変わらず。

基本の動きとしては
スラッシャー特殊召喚

バニッシャー特殊召喚
その時の効果で銀河眼の光子竜を手札に。

銀河眼の光子竜をコストに銀河戦士特殊召喚

銀河騎士手札に、それを妥協召喚
その時の効果で銀河眼の光子竜を蘇生

戦士とスラッシャーをリンク素材にソルフレア
その時の戦士を回収

騎士と銀河眼をエクシーズ素材にサイファードラゴン
更にそれを素材にサイファーブレードをエクシーズ召喚。

後攻でサイバードラゴンが居ればソルフレアの後ろにインフィニティ、ソルフレアで回収するのが銀河眼という形でやや弱めの制圧を掛けるルートもある。

昔からセットカードの妨害に滅茶苦茶弱く、ギャラクシーサイクロンをメイン詰みしているが、
最近は灰流うららとかっていう汎用性高すぎる手札誘発のほうがちょっとヤバい感じ。
現状止めるカードがインフィニティしか無いからかつての奈落以上に脅威になっている。
仮に大会に出るなら指名者辺りをメインに積んでギャラサイはサイドに積む感じになるかもね。

そしてソウルフュージョンで強化された後も銀河眼の光子竜が単体で活躍するデッキにならなくて相変わらずコストOr下敷きとしての役割しかないのが、なんというかアレ。

キーカードの解説

・フォトンサンクチュアリ
昔は役割が
1.銀河騎士の召喚条件
2.エネアードのコスト
しか無かった。1はエクシーズ素材に使える銀河零式のほうが優秀だったし、2に至ってはほぼ出すことが無かった。(そして聖刻神龍は光子竜皇の登場とフェルグラントの再録で完全にお役御免になった)
現在は
1.銀河騎士の召喚条件
2.ハイパースターのリンク素材
3.キュリオスのリンク素材
4.光子竜の召喚条件

という形になった。重要なのは1と2でフォトンサンクチュアリ一枚で下方向に2つのリンク先を用意できるのがありがたいところ。
召喚条件の関係でLINK3のキュリオスの2体分の素材にならないのが残念な点か。

・銀河眼の光波竜
脳筋に一筋の光。銀河零式から現れて光波刃竜とかになったりと、一度場に出れば器用な立ち回りが出来る奴。
新マスタールール前は相手の主力エクシーズを無条件に自分のFAフォトンかダークマターに変換できたから効果だけでもかなり重要度が高かった。
しかし新マスタールールになってから銀河眼の光子竜共々場を行き来する過労死同盟+下敷きとなってしまった辺り、銀河眼はコストか下敷きなんだろうな。

———————————–公開当時のレシピ———————————–

銀河眼の光子竜2
銀河騎士2
サイバードラゴン3
銀河戦士3
超電磁タートル
銀河眼の雲篭
フォトンアドバンサー
フォトンスラッシャー3
銀河の魔術師3
フォトンリザード2
サイバードラゴンコア3
エフェクト・ヴェーラー3
ハーピィの羽箒
銀河遠征
サイバーリペアプラント
サイバーレヴシステム
銀河零式2
フォトンサンクチュアリ2
ギャラクシーサイクロン3
神の宣告2

EX
No.95 ギャラクシーアイズダークマタードラゴン
銀河眼の光波刃竜
ギャラクシーアイズFAフォトンドラゴン
銀河眼の光波竜
No.62銀河眼の光子竜皇
サイバードラゴンインフィニティ
サイバードラゴンノヴァ
セイクリッドプレアデス
輝光帝ギャラクシオン
輝光子パラディオス
キメラテックフォートレスドラゴン
サイバードラゴンズィーガー
ハイパースター
クリフォートゲニウス
ライトロードドミニオンキュリオス

3/10のエクストラ
EX
銀河眼の光波刃竜
ギャラクシーアイズFAフォトンドラゴン
銀河眼の光波竜
No.62銀河眼の光子竜皇
No.90銀河眼の光子卿
サイバードラゴンインフィニティ
サイバードラゴンノヴァ
セイクリッドプレアデス
輝光竜フォトンブラストドラゴン
キメラテックフォートレスドラゴン
キメラテックメガフリートドラゴン
ライトロードドミニオンキュリオス
ハイパースター
銀河眼の煌星竜2

デッキに入れたリンクモンスターの縛りが強すぎてサイファードラゴンの効果が全く生かせないのとキメラテックが場に出ると処理できなくて結局動きが止まってしまったりとか。。

関連記事

Air BnB泊まった感想

9月の連休中に福岡の拠点に出張に行っていた。目的は現地のネットワーク工事の手伝い。 連休前に妙に仕

記事を読む

twitterサムネの人

一昨年かそのくらいだったか、いつ頃だったか忘れたけどtwitterのアイコンを変えた。何故

記事を読む

サイトをconcrete5.7にリニューアルしようとしてたのがお蔵入りしましたよという話

画像出展:ぱくたそ 全部で何回になるか解らなかったけど現状第五回まで連載してたフルリニ

記事を読む

千値練 ダンテ レビュー

人気シリーズDevil May Cryの最新作5準拠のダンテが立体化。今までこのスケールの

記事を読む

遊戯王DM7 決闘都市伝説

虹天使アルシエル先輩から新しい遊戯王クソゲーをやれと言う天啓が降りたのでプレイします。破滅の大邪神

記事を読む

MD魔術師S23レポ

前回の記事を書いた時からデビューしたマスターデュエル。ただ、僕がPCを触ること自体が週1~

記事を読む

TAMIYA SAAB JAS-39 Gripen IndigoSQ 1/72

<<私の戦いの基本は騎士道にある>><<我々軍人はベルカ騎士団の末裔だから

記事を読む

初心者Hoi4プレイ日記 ヨスプ・スターリンの野望part1

姉がHoiのプレイ動画が大好きで、先日のSteamのセール中に押し売りされることとなった。 これが

記事を読む

初心者Hoi4プレイ日記 ヨスプ・スターリンの野望part2

前回内政を行ったのでいよいよ激動の1940年へと時間を進めていきましょう。 とりあえず方針として

記事を読む

AZONE強化関節ボディレビュー

唐突だがGarageAirforceにはイメージキャラのようなものを用意しています。 古いサイト時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

閃刀入門

チラ裏に近い記事は書かない・書いていても公開しないつもりだっ

MD魔術師S23レポ

前回の記事を書いた時からデビューしたマスターデュエル。ただ、

マスターデュエルにてやっとプラチナに上がれた話

ネットの友人にモチベを掛けられてマスターデュエル参入。リンク

太陽の帝国、大鷲の群れに挑まんとす(ゲームジャーナル39号 真珠湾強襲リプレイpart:1)

初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年と

ダンジョンダイスモンスターズ レビュー

「クソゲーをプレイするのです。」以前この俺にクソゲーをレビュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑